Oh!!格安航空券の予約と購入する為のサイト情報~海外版~

You are here: Home


格安航空券を取れるサイトの特徴とは

rraavle
格安航空券検索サイトを選ぶポイント
飛行機で旅行といってもそんなにお金をかけたくない人も大勢います。旅慣れた人なら案外、リーズナブルな価格で航空券を購入しています。

しかし、格安航空券を取れるサイトを検索しようにも膨大な数のWebページがヒットしてどれを選べばいいのか判らない人も多いです。

実際のところ、どこのサイトがいいのかと選ぶポイントが判ればそんなに困ることもなくなるわけです。ちなみにサイトによっても得意分野があります。その点から注意して比較して利用しましょう。

日本国内検索サイトは判りやすい

05740112おそらく、最初に利用するのがanaやjalなどの大手格安航空券の様な日本国内検索サイトでしょう。その理由は判りやすいからでしょう。

さらに、大手の旅行会社の情報がいち早く、キャッチできる点でしょう。それに海外のサイトと違っていちいち、日本語に訳すことも必要がありません。確かに最近は海外のサイトでも日本人向けに日本語のサイトが用意されています。

しかし、日本国内検索サイトなら何かトラブルがあった際、対応が早いので利用する人が増えているようです。

航空券を安く購入する裏ワザとは

02040085とはいうものの、国内ではなく海外に旅行する場合は必ず飛行機に乗ります。
確かに国内検索サイトは大手旅行会社も提携しているので格安に航空券が購入できるでしょう。しかし、他に方法はないわけではありません。

例えば、航空会社のサイトで直接購入という方法も考えられるからです。確かに航空会社のサイトの場合、なんだか高くつくと考えがちです。でも、購入して比較してみたらそんなに価格に差がなかったこともよくあるからです。

とにかく、旅行は移動費にお金がかかる

20110021
旅行の中で一番、費用がかかっているのが移動費です。移動費を切り詰めるといっても飛行機の場合、切り詰めた結果、トラブルが起こったら元も子もありません。

しかも、飛行機のトラブルの中には死に直面するようなこともあります。だからといって、なんとか旅行の費用をおさえたい人は沢山います。
結局、ある程度の見極めがひつようです。ただ、その見極めが旅の初心者には難しいところです。なので、格安航空券検索サイトがあるのでしょう。

サイトを利用して快適な空の旅をしたい

最期にネットには沢山の航空券検索サイトが存在します。どれを活用しても結局は快適な空の旅がしたいはずです。
サイトでの誇大広告には惑わされたくないのも事実です。なので、この場合、どうすればいいかと言えば複数のサイトを見比べてみることです。

中では利用した人の声などを掲載しているサイトも存在します。そこでそれらの情報などを判断基準にするのもいいかもしれません。格安な航空券を求めるにあたって言えることはどの程度、安全が保障されているかです。

格安航空券予約サイトを見つける

一体どのサイトを利用すればよいのかわからない中、たくさんのサイトを比較した中でもこのサイトがもっとも分かりやすかったと思いますので紹介したいと思います。

国内・海外航空券の比較・予約ができるサイト
格安航空券の予約ならスカイチケット

格安航空券を取れる海外のおすすめサイト

15600102
飛行機代を安くてもお得にするには

旅行やビジネスなどで飛行機を利用する際には、安く航空券を購入したいと考える方も多いでしょう。
しかし、安価なチケットだとなんとなくサービス面などで不安になられる人もいるでしょうが、基本的には正規ルートで売買されているものですので、心配には及びません。

格安航空券を購入する際には、販売会社により値段の幅に大きな差がありますので、こうしたチケットを入手するときには、事前に各航空券販売会社の価格比較をしてお得に乗りこなしたいです。

安価な航空券が存在する理由と注意点

安価に乗ることのできるticketが存在する理由としては、各旅行会社が航空会社から大量のチケットを購入し、個人へ販売するという形を取っているため、正規の価格よりも安く購入することができるようになっています。

しかし、安価で購入することができる代わりに、万一搭乗予定日が変更になってしまった場合などに、払い戻しや便の変更ができないなどといった制約があるので、格安航空券を購入する際には、その点にも注意したいです。

よく安いサービスに対してクレームを入れる方はこういったことを理解していないまま購入しているケースが多いです。

安い航空券にも多々種類があります

出発日や搭乗便の変更ができないことは安い航空券にはあると先に述べましたが、有効期限内であれば変更することのできるオープン航空券というものもあります。

また、一切の変更ができないフィックス航空券は、搭乗に際して制約が設けられているため、オープン航空券よりもさらに安く飛行機に乗ることができます。
また、航空会社の運賃割引制度のあるPEX航空券を利用すれば、一定の負担金が発生しますが払い戻しができるので、その分価格が高めになっています。

ネットのサイトから安価な航空券を購入する

安価にかうときには、旅行会社の店舗窓口や、インターネット上の各サイトから買うことができます。
しかし、旅行会社ごとに販売料金が大幅に変わってくるため、あらかじめ各サイトにアクセスして、チケットの販売価格を調べておく必要があるといえます。

そのため、直接旅行会社から購入する前にやるべきことがあります。
それは複数の旅行会社サイトで設定料金を比較検討した上で買うようにすれば、格安航空券の中からさらに安価でチケットを入手することが可能です。すこし手間がかかりますが旅先で遊ぶことを考えるとやっておいた方がいいでしょう。

英語ができれば海外旅行サイトも活用する

格安航空券をインターネットで購入する際には、国内の旅行会社などが運営しているサイトの他にも、英語が理解できる方であれば海外旅行サイトの利用も視野に入れて、購入時に検討すればより安価なチケットを見つけることのできる可能性が高まります。

海外の予約サイトといっても、日本語に対応したサイトもあれば、外国人向けのグローバルサイトもありますが、GLOBALSITEでも日本語でafterserviceを受けることのできるところもあるので、上手に活用したいです。

航空会社のサイトで直接購入が安いケースもある

航空機に気楽に乗れなかった規制緩和前

昭和50年代から始まった産業界の規制緩和がついに航空業界にも及び、それまで運輸大臣の認可が必要だった航空運賃について航空法が改正されて2000年に完全自由化が実施されました。その結果、大手航空3社の寡占状態だった普通運賃に割安な運賃が出始めました。これまで飛行機は列車やバスと比べて割高感が強かったわけです。その後、航空業界には運賃競争が始まり安値航空券が数多く出回っていたところへ海外で運行開始した格安航空会社が国内へ進出してきました。

格安航空の進出で航空各社のコスト削減策

こうして、それまでの普通運賃の割引という考え方から顧客サービスを必要最小限として別体系の運賃制度を持つ割安な航空券が国内に登場しました。現在、この航空券が本格的に国内に持ち込まれてまだ4年ほどですが、この間に格安航空会社の設立が増え、営業運行区間や地域も増えました。機内サービスの廃止や機内持ち込み荷物の制約強化、あるいは搭乗率を上げるため使用飛行機の有効活用等のコスト削減策を実施して激しい価格競争の中で営業しています。

格安航空券より安いケースの出回る航空券

今では国内便だけでなく、東南アジア各国との間の国際線にも多数就航させている他に、ツアー便にも登場しています。こうした激しい価格競争は従来から続いてきた大手航空会社の運賃体系にも大いに影響を与えるようになっています。殆ど普通運賃一本だった運賃体系に季節別、曜日別、あるいは時間帯別等に細かく運賃を変えることで運賃全体では低価格化が進行していると言えます。中には大手航空会社の運賃の方に格安航空会社の価格より安いケースもある程になりました。

新幹線との時間×運賃で議論する国民

飛行機を利用する旅行が修学旅行にもしばしば利用されたり、家族旅行で搭乗する等、すっかり大衆化したと言えます。企業の出張でも飛行機を使えば日帰りできて時間と経費を節減できる効果は想像以上です。新幹線網が全国に広がるにつれて国民の間でも行先によっては時間×運賃で比較し、飛行機で行くか、新幹線で行くか、しばしば議論するようになり、空と陸でサービス競争が激化する時代となっています。これこそ、規制緩和の目的がフルに発揮された姿だということです。

安全運行を続ける経営が必須の航空各社

しかしながら、コスト競争による乗客の奪い合いの結果、航空会社の経費節減が機体のメンテナンスや安全運行体制に影響を与えることを避けるべきであることは言うまでもありません。飛行機は離陸し、着陸するまでの間に何らかの機体トラブルを起こせば多くの乗客の生命に関わる事故に直結することが分かり切っていることです。従って、今後とも過度な価格競争を謹んで安全な運行を続ける経営判断が求められるわけですが、国民が安心して空の旅を楽しめることこそ願いです。

格安航空券を探すときに便利なサイトは?

飛行機を利用するなら格安で

海外旅行や国内旅行に行く際飛行機を利用する事があるのではないでしょうか。そんな時、やはり誰でも少しでも旅費を安くしたいとみても。旅費の中で大きく締めるのは飛行機代です。海外など遠くに行けば行くほどその費用が掛かってしまいます。しかしやはり色々な場所に出掛けて観光を楽しんだり、おいしい食事を楽しんだり、現地を楽しみたいでしょう。その為にも少しでも費用を安く抑え、現地を満喫しましょう。そうすることであなたの思い出がよりよいものになるでしょう。

格安航空券を探すならインターネットが便利

そんな飛行機を利用する際、航空券を購入しますが格安のものを探す際はネットが大変便利です。インターネットを利用すれば、簡単に航空券の値段を知る事が出来ますし、また様々なキャンペーンなどお得なプランを見つける事が出来るかもしれません。その為、是非インターネットを利用して格安航空券を販売しているサイトをチェックしてみましょう。きっとお得なチケットを見つける事は出来るでしょう。その為にも定期的にチェックしたりお気に入りに登録しましょう。

インターネットを利用した航空券の探し方

では実際にインターネットを利用し、航空券を探す際は比較サイトを利用する事がお勧めです。各航空会社の情報をしっかり比較する事が出来るサイトが沢山あるので、是非便利に利用してみましょう。比較サイトでは各社の現地までのそれぞれの金額など細かく掲載されているので大変便利です。相場は一体どのくらいなのか、安いのか高いのかなど、やはり比較をしてみないと分からない事もたくさんあるので、是非しっかりと見比べてみましょう。

お得な飛行機の旅を満喫できる

少しでも安く航空券を購入する事で、楽しい時間を満喫する事が出来ます。安く抑える事が出来た分、現地でのアクテビィティを楽しんだり、充実の時間をすごく事が出来るでしょう。お財布にも優しく、最高の旅を演出してくれるのではないでしょうか。また、行く時期などにもよって飛行機代も変わってくるので、その辺りもチェックしておきましょう。そうする事で安い費用で出掛ける事が出来るでしょう。それは工夫次第なので、損をしない様に航空券を探していきましょう。

お得な航空券を購入する際の注意点

お得な航空券は色々ありますが、購入する際いくつか注意するとき。まず購入した際、中には日程を変更する事が出来ない場合もあるので注意しましょう。どうしてもその日都合が悪くなってしまった場合でも、キャンセルしてもお金が戻ってこない事もあります。日程を変える事が出来ない分安く提供されているので注意が必要です。また格安航空券は枚数が限定されているのでいつでも販売されているわけではありません。その為早め早めに購入しましょう。

航空券は格安サイトを徹底比較して最安値を探す

曜日により、価格に違い、水曜日が狙い所

外国の飛行機の研究で、どうしたら安くチケットを買えるかに関する報告があります。曜日は水曜日が安く予約でき、土日は逆に高くなります。飛行機のチケットが販売されるのは月曜日で、次の火曜日がセールをする日です。すると、全てのチケットがセールになる水曜日が飛行機の航空券を安く買える日になります。土日は、休日で予約する人が多く、航空の会社稼ぐチャンスです。まとめると、水曜日は安く予約でき、曜日により、航空チケットの値段が変わります。

クッキーの削除、値段を上げないポイント

インターネットのクッキーを利用すると、利用者が、何の調べたかが判ります。大手のショッピングサイトでも、最近見た商品で表示されるのはクッキーが残っているからです。クッキーは今や、チケット予約にも使われています。航空会社は利用者が狙っているチケットがクッキーから判り、値段に反映されます。どうすれば、クッキーがばれないかですが、履歴を消すことです。クッキーの履歴を削除してから、チケットを探すことが、格安チケットを手に入れる近道でしょう。

個人でが買うのは手間、しかし、安い

団体予約をすると、個人で買うより高くなる場合があります。海外に団体で行く、家族旅行をする時、予約するのは団体予約でしょう。団体予約なら、簡単で、一人一人個人で予約するより、手間が掛かりません。しかし、航空会社によっては、団体予約で調べると、個人で買うより高い値段が表示される事があります。全員で一気に予約は出来ますが、安くチケットを買うなら個人で予約すべきです。安く航空チケットを手に入れるなら、個人で予約する手間が欠かせないでしょう。

乗る時間は早朝深夜、調べるのは午前

乗る時間により、航空チケットの値段が変わる事実が存在します。例えば、早朝深夜は人が予約する人は少なく、値段が安いです。逆に、日中の午前は、嫌でも行く出張に行く人を狙い、チケットは高くなります。つまり、午後は午前より安くなり、安く日中の便に乗りたいなら、午後のチケットです。調べる時間は午前より午後が良く、やむを得ない遠出をする出張する人が調べる、午前は値段が高くなります。安い航空券を調べるなら、午前より、午後の方に軍配が上がります。

予約するなら大手は5ヵ月前、予約完了

格安航空チケットはLCCが配るチケットで、普通の航空チケットは普通の値段のチケットを売る会社が配ります。予約するタイミングで値段が変わり、格安航空チケットは6週間前に買うと安く予約出来ます。普通の航空チケットは5ヵ月前に予約出来れば、安い航空チケットになります。普通の航空会社のチケットは出発の前の2週間前、LCCは10日前まで、値段が下がり続け、以降は上がる様です。最低でも、2週間前には予約完了したいでしょう。

荷物に着目して選んだ中国旅行の航空会社選び

荷物に着目して選んだ中国旅行の航空会社選び
飛行機旅で中国に行こうとしたときに気づいた点がありました。いつも海外旅行に行くとこのとき限りだと思ってショッピングで買い過ぎをしてしまい、荷物が多くなってしまっていたのですが、それが問題にならないとわかったのです。

海外旅行で問題になる帰りの荷物
いつも海外旅行に行くとショッピングが目当てになっていて買い過ぎてしまうのが最終的に問題になりがちです。

そこでしか買えないものを買っているので衝動買いをしたときでも、ショッピング自体に後悔をしたことはありません。
しかし、飛行機旅をして帰路につくと問題になるのが荷物の輸送費でした。飛行機に持ち込める量には限界があり、チェックインできる荷物も1つだけなので、それ以上になってしまうと追加料金がかかります。

それが嫌で配送を頼むと海外便になるのでかなり高くなってしまっていつも悩んでいました。ただ、中国に旅行に行ったときにはそれが問題にならない航空会社を見つけることができて、両手を上げて喜ぶことができたのです。

中国の航空会社のチェックイン荷物
中国旅行を準備していたときに気づいたのが、中国の航空会社を選べばチェックインの荷物が2つまで無料ということでした。
個々の荷物の重さや寸法も他と同じなので、荷物が増えてしまっても通常の二倍まで持ち帰れるというのが魅力に感じたのです。

現実的に考えてもそれ以上の荷物をチェックインすることはないので追加料金は間違いなく不要と言えます。

それでいて他の航空会社よりも航空券代も安いのがメリットであり、飛行機旅でショッピングを楽しむのに最適だと思って即決しました。海外へのフライトなのに中国語のアナウンスが基本というのが気にかかった程度でフライトも快適であり、中国に行くならこの航空会社で通常は文句ないでしょう。

現地で気づいたカバン不足
ただ、このときの中国の飛行機旅で失敗した点もありました。海外旅行に行くときにいつも利用している手荷物用のカバンとチェックイン用のカバンを持って旅行に行き、ショッピングを楽しんで大量に買い込んだまでは良かったのですが、そこで一つ忘れていることに気づいたのです。

帰りに持ち帰るためのカバンを準備していなかったということでした。結局、中国で激安の旅行カバンを購入してチェックインに利用しましたが、うっかりしていた点だと思います。ただ、そこで安くて丈夫なカバンが手に入ったので後悔するほどのことではありませんでした。

せっかく買ったカバンなので、中国に行くときには今度は持って行けば良いという程度に考えています。

中国の飛行機旅であったトラブル

中国の飛行機旅であったトラブル
中国で飛行機旅をする計画を立てたときには気づいていなかったミスがありました。現地に行ってから想定していた以上に費用がかかってしまったのです。海外に行くときには荷物の扱いについての注意が必要だとわかりました。

国際線と中国国内線での荷物の取り扱い
海外旅行にはよく行くので飛行機旅も経験はよくありましたが、中国に行ったときには意外なトラブルに困らされてしまいました。
アジア旅行は費用が安くて良いというのが自分の考え方であり、格安にしながらも快適で安全な旅行を実現しようと計画を練って出発するのが常です。

しかし、中国で飛行機旅をしたときには予算オーバーになってしまうほどに費用がかかってしまった経験があります。そのときに念頭になかったのが国際線と中国国内線の荷物の取り扱いの違いでした。

国際線で入国したときには預ける荷物が1つだけだったのですが、国内線に乗り換えたときにそれまでは手荷物だったものも預けなければならなくなってしまって追加料金が発生したのです。

中国国内線の手荷物の重量制限
中国国内線の手荷物の重量制限が国際線よりも厳しいというのはそのときに知ったことでした。予めよく調べておけば良かったことでしょう。
自分の場合には手荷物と預け荷物の重さも考えて荷造りをしてきてしまったので、手荷物も預けざるを得なかったのです。

10kgが標準的な国際線の状況に対して、5kgしか持ち込めないのが自分が利用した中国国内線でした。
飛行機旅をしていてこれまで起こったことのないトラブルでしたが、海外ではこのような事情がある可能性を常に念頭においた方が良いかもしれないと思った一件です。

荷物の大半は友人へのお土産や食べ物だったのですぐに消費されてしまったので入国のとき以外は追加料金が発生しなかったのは幸いでした。

杓子定規だから工夫も大切
もう一つ荷物について気づいたのが重さに対する厳しさです。
大半の国際線や日本の国内線の場合には少しくらいオーバーしていても問題ないことが多いですが、中国国内線ではかなり厳密だというのが実感でした。200グラムほどオーバーしていたときに駄目だと言われてしまったからです。

ただ、そのときに手荷物の中に上着が入っていたのを思い出して取り出して着てしまい、それで再度確認したら通過することができました。杓子定規なので、手荷物の中身に応じて少し工夫をすれば若干量なら調整できるとわかりました。

入国したときの乗り継ぎでは明らかなオーバーだったのでどうしようもなかったので後悔はありません。ただ、微妙なケースではうまく中身を取り出す努力をするのが良いでしょう。

中国の飛行機旅には荷物の小型化が重要

中国の飛行機旅には荷物の小型化が重要
中国での飛行機旅をしようとしたときに現地にいる友人からアドバイスをもらいました。
海外に行く気持ちで荷物を作ってきてしまうと失敗するから最小限にするようにと言われた意味は実際に行ってみるとはっきりとわかりました。

中国の飛行機旅と荷物の関係
海外に行き慣れていると中国の飛行機旅では苦労すると教えてくれたのは昔からの友人であり、最近になって転勤で中国に住んでいました。
現地の実情を知っているからこそのアドバイスだろうとよく話を聞いてみたところ、機内に持ち込める荷物の重量制限が厳しいので、ちょっとした荷物があるだけで持ち込めなくなってしまうということでした。

冗談だろうという気持ちもありつつ、せっかくアドバイスをしてくれたのでできるだけ手荷物を小さくして出発しました。アドバイスを受けていなかったら確かに失敗していたでしょう。
中国では重量が5kgまでになっていて、確かに小物を詰め合わせていくと5kg近くなってしまっているのに空港で気づいたからです。

安い代わりに荷物は制限
中国で飛行機旅をしようと考えたのは二つ理由がありました。公共交通機関としてバスや電車を利用するのに抵抗感があったのが主な理由です。
ニュースなどで日本以上に満員になっている様子をみると身の危険を感じざるを得ませんでした。

スリに遭ってしまうかもしれないと思うと余計に不安だったので、安心してゆとりを持って乗れる飛行機が良いと考えたのです。また、中国の飛行機について調べてみると交通費が安いのも魅力的でした。長距離の移動ならとりあえず飛行機を選んでおけば文句はないというのが印象で、飛行機旅に決定しました。

ただ、その安さと引き換えに客一人当たりの重量を減らそうと荷物を制限しているとようやくわかったのです。

意識次第で厳しくない制限
友人のアドバイスがなかったら重量制限をオーバーしていたかもしれませんが、中国の国内線の重量制限は合理的だとも考えるようになりました。

旅行だと余計なものを手荷物に入れようとしてしまいがちになります。
しかし、本当に必要なものだけを選んでいくと制限に引っかかってしまうことはまずないとわかったのです。その代わりに安くなっているのであれば満足というのが私の正直な感想でした。

ただ、本などのようにかさの割に重いものを持ち歩きたい人には制限が厳しいと感じられるかもしれません。

私の場合には必要なのは基本的には衣類だけだったので、現地で洗えば良いと考えて最小限にしたら荷物を預ける必要なく中国の飛行機旅を楽しむことができました。

中国経由で行った海外旅行の些細なトラブル

中国経由で行った海外旅行の些細なトラブル
海外旅行に行くときに中国経由で行くと安くなることがよくあるので利用しています。

何度も繰り返し行っていると飛行機旅でつきもののトラブルも経験することになりました。乗り継ぎのときに荷物が想定外のところに行ってしまったのです。

乗り継ぎが安くて便利な中国
海外旅行に行くときによく中国で一泊していくことがあります。
中国に夜に到着して、翌朝の便で目的地に行くという乗り継ぎをすると安くなることがよくあるからです。

ついでに中国で一晩を楽しむことができるため、飛行機旅でどこかに行きたいと考えたときには必ず確認するようにしています。

宿泊費が航空券代の差額で十分に埋められてしまうこともよくあり、お得な海外旅行の方法だと考えて利用してきました。
それでトラブルが生じたことはずっとなかったのですが、必ず乗り継ぎが必要になる影響でよくある乗り継ぎのトラブルにもとうとう出くわすことになってしまったのです。

出発して次の空港に着いたところ、荷物が届いていないという事態でした。

些細なトラブルで済んだ理由
乗り継ぎをしたときに別の飛行機に乗ってしまって想定外のところに届いてしまうというのはしばしばあるトラブルとして聞いていました。

しかし、そのときには荷物が翌日か翌々日くらいになってしまうことが多いと言われていたのでかなり懸念していたのも事実です。
このときには中国で一度荷物を受け取って一泊し、再度預けて出発したところ、現地に着いたときに荷物が出てこないという状況に陥りました。

ただ、このときに助かったのはさらにもう一度経由して別のところに向かっていた点です。
そのときに一度荷物を受け取らなければならなかったので、その時点で気づいて航空会社にクレームをし、最終的に到着する空港にはほぼオンタイムで荷物を届けてもらえました。

保険に入っておくと安心
毎回乗り継ぎをしているとだんだんと荷物のトラブルは不安になってきました。実は中国旅行に行ったときにも中国の国内便で荷物が出てこないというトラブルに遭ったことがあります。

そのときにはホテルに宅配便で届けてもらえたので問題はありませんでしたが、やはり預けた荷物が手元にないのは不安に感じました。
この二つのトラブルに遭遇してからは必ず海外旅行保険で手荷物の補償を受けられるようにしています。

たまたま運が良くて大きな苦労はしていませんが、いつ大きなトラブルになるかわからないという不安があるからです。

海外旅行保険に入っておけば、荷物が届かなくても必要品は購入して保険でカバーしてもらえるので安心だと考えています。

フライトによって違う格安で航空券を手に入れる方法

安い飛行機旅行の国内線と国際線での着眼点の違
国内線によく乗っていたのでその感覚で海外旅行に行こうと格安の航空券を探したものの、徒労に終わってしまったことがありました。

飛行機旅行をするときには国内線か国際線かで安くするためには方法も違うことがわかった経験です。

国内線で培った格安の航空券の手配方法
空港が比較的近くにあることもあって学生の頃から飛行機旅行にはよく行っていました。そのお陰で国内線で格安で航空券を手に入れるためのノウハウはよくわかっていました。

基本的には早期割引を利用するのが行きたい日時のフライトを手に入れるには確実で最も安く、LCCが登場してからは特にその傾向が強くなっています。

いつも預ける手荷物がないように工夫しているのでLCCで追加料金を取られることがないので真っ先にLCCを選んで早期割引の航空券を手に入れていました。

この手配方法が身についていたので国際線を手に入れるときにも同じ方法で手に入れようとしていたのですが、実は国際線では事情が違うということを知らずに一度最安値を取り逃してしまいました。

国際線の航空券獲得での失敗
国内線とは違って国際線では早期割引がないということを知りませんでした。
早く取ればそれだけ安いと勘違いしていて、国内線の予約を取るときのように三ヶ月弱前になってから調べ始めて、フライトの予定が決まったらすぐに取得するという方法で獲得してしまいました。

航空会社の指定なしの航空券を選んだので格安であったのは確かです。ただ、その後で少し価格が低下してしまって損をしたのは想定外のことでした。早ければ良いわけではないという事実を知ったのはそのときです。

飛行機旅行をするときには国内線と国際線で考え方を変えたほうが良いでしょう。格安で手に入れるための購入時期に違いがあり、国際線の方がシビアになっているのです。

国際線の航空券の最安値獲得はシビア
その後にまた海外旅行に行くことがあって格安の航空券を手に入れようと考えていましたが、かなりシビアなことがわかりました。

よく航空券の価格の上下動を見ていたのでおよそ二ヶ月前に最安値になることが多いと判断はできたものの、他に二つパラメーターを考えなければならないとわかったからです。

飛行機を飛ばすには燃料が必要であり、燃料サーチャージの変化が大きく料金に影響するので石油価格の上下動にも目を向ける必要があるとわかりました。それに加えて為替レートも影響するので経済動向にも目を向けなければなりません。

そこまで頭を悩ませていると大変だと感じてそのときは二ヶ月前の時点で購入してしまいました。ただ、最近は外債を持っているので為替レートには注意して購入するように切り替えています。